ダイエット

食前・食後の運動、ダイエットにはどっちが効果的?筋トレと有酸素運動のおすすめタイミングをご紹介!

ダイエットの為の運動って
食前と食後どっちで運動した方が良いんだろ?

と疑問を持ったことありませんか?

細かい部分かもしれないですけどどうせ大変な運動をするならば少しでも効率よく運動の効果を得て痩せたいというのは感じますよね。

今回は食前と食後で行う運動の特徴について有酸素運動と筋トレそれぞれに分けて少しお話をさせて頂きます。

皆さんのダイエットに少しでも
役立てば幸いです。

ダイエットにはウォーキングとジョギングどっちがおすすめ?現在ダイエット目的で運動に励んでいる方で、脂肪燃焼の為にウォーキングやランニング等の有酸素運動を運動メニューに取り入れていらっしゃる方も...

運動は食前と食後、どっちの方が良いの?有酸素運動と筋トレで変わります!

まずダイエットの為の運動は食後と食前どっちが良いのかという話の結論ですが…

一番は継続する事が大切なので

運動の時間を確保しやすいタイミングでやってもらえればどちらでもよい!と言うのが個人的な見解です。

ですがどちらでも時間をつくる事ができるという方に対しては
有酸素運動(ウィーキング等)は食前
無酸素運動(筋トレ)は食後
の方がより効果的に運動効果を得られると言われています。

実際のところは両方同じタイミングでやる方が多いと思いますし、運動できるタイミングって限られていると思います。

無理に意識しすぎることはないですが、運動や食事の時間を調整できる方は頭の隅に入れておいてもらえたらいいかなと思います。

また、上記で紹介したタイミングでの運動は効率が良く運動ができる事は事実ですし、
それぞれの特徴を知っておくことでリスクを回避することもできます。

覚えておいて損はないと思うので
有酸素運動⇒食前にすると良い
無酸素運動⇒食後にすると良い
とお勧めしている理由をお話させてもらいます。

なぜ有酸素運動は食前が良いの?脂肪燃焼効果が変わる?

有酸素運動は食前に行う事をお勧めする理由は

・有酸素運動により脂肪を燃やしやすくなる

・運動後の食事でもエネルギーを消費しやすくなる

この2点からです。

その理由について少し説明していきます。

食前の有酸素運動は脂肪が燃やしやすくなる

食前の有酸素運動は脂肪を燃やすのに最適です。

普段ですと有酸素運動は
まずは糖質を主なエネルギーとして使っており、
20~30分経ったあたりから
脂肪を主なエネルギーとして使うようになります。

しかし、食事前は体内の糖質を消費している為、
有酸素運動をした際に使うエネルギーが
自然と体内の脂肪になります。

ダイレクトに体内の脂肪を燃やしやすくしてくれるんです。

その為、食後に有酸素運動を行うよりも
より効率的に脂肪を燃やしやすくなります。

食事時のエネルギー消費が大きくなる

人間は普段から栄養を摂り消化吸収する際に
エネルギーを消費しており、
これを食事誘発性熱産生と言います。

まあこの言葉自体はどうでもいいのですが、
人間は食べてるだけでも
実はエネルギーを消費しているってことです。

食前に運動をすることで、代謝が良くなる為、
この食事誘発性熱産生で発生する熱が
いつもより多くなります。

いつもよりも痩せやすくなるという事ですね。

なので有酸素運動は食事前にやった方がお得ですよ!
というのが私の見解です。

では次は食後の無酸素運動のメリットもお話していきます。

無酸素運動を食後にするメリット

無酸素運動を食後に行う事を進めている理由は

・食事でとった栄養が脂肪として溜まりにくくなる

・筋トレを効率的に行える

と言う理由がある為です。

 

こちらについても少し詳しく説明していきます。

食事でとった栄養が脂肪として溜まりにくくなる

食後に無酸素運動をすることで、
食事でとった栄養が脂肪としてたまりにくくなります。

筋トレなどの無酸素運動には
インシュリンの分泌を抑制する効果があります。

このインシュリンは血中の糖分を脂肪として
蓄える働きがあるので、
食後に無酸素運動をすることで、
食事の栄養が脂肪として溜まりにくくなります。

力を発揮しやすく筋トレを効率的に行える

食後に無酸素運動を行う事で、
効率的に実施する事が出来ます。

無酸素運動を行い、効率的に筋肉をつけるには
筋トレをして筋肉を破壊しまた再生する
という一連の流れが必要になります。

要は筋肉痛になる必要があり、

このレベルの運動を行うためには
瞬発的にかなり大きな力を発揮する必要があります。

ダイエットでの運動、筋肉痛時は控えるべき?おすすめ対処法をご紹介 頑張ってダイエットに取り組んでいると筋肉痛になりますよね。 毎日運動をした方が良いんだろうけど、身体は痛いし…そもそも筋肉痛の時って運...

筋肉が瞬発的に力を発揮するには
筋肉に溜めている糖質をエネルギーとする為、
食前の低血糖の状態では大きな力が発揮できず
運動効率が下がってしまいます。

その為、無酸素運動は食後がおすすめです。

ダイエット中の食前・食後の運動の注意点

ここまではそれぞれの利点を
説明させてもらいましたが、
もちろんお互いにデメリットや注意点があります。

こちらも念頭に入れて
安全かつ効率的に行ってくださいね。

食前の運動の注意点

食事前に運動をする際に注意していただきたいのは
低血糖や脱水症状などを起こしやすい点です。

特に食事前は血糖値が下がっている状態ですので、
そこからさらに運動を行う事で
低血糖状態を起こしやすくなります。

また、水分を補給していない場合も多い為、
脱水症状を起こしてしまったという方も多いです。

必ず運動前には水分補給を行い、
少しでも体調が悪いと感じたら
すぐに運動を中断するようにしましょう。

また、飴などを携帯しておき、
体調が悪くなった際はすぐに舐める
というのも効果的です。

食後の運動の注意点

食後に運動をするデメリットは
消化不良を起こしやすい点です。

特に食後直後に運動をしてしまうと
本来消化のために胃に送る血流が筋肉に回ってしまうため、
消化不良を起こしやすくなります。

食事後すぐに運動をするのではなく、
食後1~2時間程空けてから運動をするようにしましょう。

食前・食後の運動を上手く使い分けて効率的に運動を!

食前と食後の運動の違いについて説明をさせて頂きました。

・有酸素運動は食前に行うと効果的

・無酸素運動(筋トレ)は食後に行うと効果的

と言うのが結論ではあるいますが、何より一番大切な事は運動を続ける事です。

また、運動のタイミングによるダイエットの効果についてはあくまでも補助的なものだと思って、食事や的確な運動メニューの方が重要です。

無理をせずに継続することを一番に考え行うようにしてくださいね。

また、効率的にダイエットを行う場合は腸内環境の改善や無理のない糖質の制限等も重要になってきます。

糖質の吸収を抑えるメタバリアと、糖質オフなのに美味しいお米のTRICEについてまとめた記事もありますので合わせて読んでみてください。

【必読!】メタバリアのダイエット効果がすごい!運動の専門家が詳しく解説 ダイエットをしている方の多くが悩むのが食事制限について。 食事制限をしてるもののなかなか体重が減らない。 体重は減っているけど、お腹が...
糖質制限用のお米TRICEの味
【TRICE】糖質制限中でもお米が食べれる!糖質77%offのお米が美味しすぎる… ダイエットをしている人にとって大敵となるのが糖質。 全てが悪いわけではありませんが、糖質を摂りすぎると太りやすくなるというのは、ダイ...
ABOUT ME
コタカ
健康運動士資格保有/アラサーのブロガーです。 現在は運動指導の仕事からは離れていますが、老若男女様々な方々の運動指導をしてきました。また現在も勉強自体は続けている為、今までの経験や知識が誰かの為になればと思いブログで情報発信をしています。
こちらの記事もおすすめ!